練習

 早速電話で予約を入れた(必ず予約が必要)、本来ならギヤ付きの400cc程度のオートバイで練習したかったのだが、所有免許以上の車両を使用する場合は指導者としてその車両を運転可能な免許を所持している人の同伴が必要条件であった。まず初回は下調べとコースを覚えるつもりで私は愛車の「82年式スズキジェンマ50」で練習所(試験所)に向かった。

 結局開放コースで練習したのは4回でその内2回は友人に頼み250ccのバイク(ヤマハSRX)を借りて練習をした。試験の為の練習なので、試験順路を熟知ことが最も重要である(コース図はweb等で簡単に入手出来た)。ここで言う試験順路の熟知とは、ただ路順を覚えることではなく試験の時に減点されない走り方を頭に叩き込むことである。

 具体的例をあげると、スタート時の停止線では右端に寄せて止まるのだが、試験では半数以上の受験者がこれを守らずスタート早々5点の減点を受けていた。web上でインプレッションを公開している人の多くは一本橋からの話が多くおそらく自分がどこで減点されていたかわかってないいのだろう。結果合格すれば良いのだろうが、1回で合格するか10回で合格するかの違いは試験順路の把握にある思う。

※ご注意!

後で気づいた事ですが、コース開放で使用できるバイクは自分の所有している免許の1つ上のクラス迄です。

<例>

原付・四輪免許所有者→普通二輪小型限定(125cc)まで。
普通二輪小型限定免許所有者→普通二輪(400cc)まで。
普通二輪免許所有者→制限なし。

私の場合、四輪免許しか所有していなかったのですが、知らずに250ccのバイクで練習しちゃいました。受け付けでは何も言われませんでした。(知らぬがホトケ・・・)

2001.11.24 練習1回目 練習車SUZUKI ジェンマ50

 受け付けでお決まりの住所・氏名・生年月日を書かされコース使用料金2,000円と傷害保険料200円を支払いゼッケンを受け取る、試験所には当然試験コース図があるものだと思い込んでいた私は迷うことなく受付官に「コース図下さい」と要求したのだが、帰ってきた返事は「そんな物があったら全員が合格するから出せない」スッパリと斬られた。理由が理解できなかったがとにかく無い物は無い。
 試験コース(試験の順路)がわからないまま二輪コースを無意味に1時間走続けた、収穫は殆ど無かったが、しいて言うなら次回はもっと防寒を強化した方が良いかなと思った程度であった。
SUZUKI ジェンマ50

2001.12.23 練習2回目 練習車YAMAHA SRX250

 普通二輪免許を持ってない私が250ccのバイクで練習をするには、そのバイクの所有者(普通二輪免許所有者)を指導者として同伴させる必要があった。友人に頼んだ所、快くOKしてくれた。又、彼も大型二輪免許を密かに狙っている者の一人であった。練習に使うバイクはYAMAHA SRX250、今日の練習目標はコースを覚える事だったので小柄なSRX250で充分だ。webで入手したコース図をタンクに貼り付け練習開始。しかし、このバイクなんせクラッチが硬い、練習を開始して10分も経たないうち私の左腕はパンパンに張ってしまった。そこで、練習車両をジェンマに変更。コースを覚えるだけならクラッチ操作やギアチェンジの余計な操作の無いスクーターがベストである。その間、同伴していた友人は自分のSRXでコース内を走り回っていた(本当はだめです)。
 途中でSRXに乗り換えたりしながら1時間の時間を過ごし、試験の順路を頭に叩き込んだ。
YAMAHA SRX250
この日の収穫
  • 試験順路の把握。
  • 試験順路を覚えるのはスクーターがgood!
  • ウインカーを出すタイミング・進路変更のタイミング等疑問点の洗い出し。

2002.1.19 練習3回目 練習車YAMAHA SRX250

 SRXを貸してくれた友人が前回の私の練習風景を見て「オレも大型二輪免許を取る」と言うので、今回は二人で練習をすることにした。ジェンマとSRXを30分交代で使うことにし、最初の30分私はジェンマで試験コースの慣熟走行することになった。友人はコース図は持ってきた物のタンクに貼り付けるテープを忘れたらしく走っては止まりコース図を広げるといった具合に練習を開始した。
 ブレーキやウィンカー・進路変更のタイミング等前回の練習で疑問だったことはwebや参考書等で調べておいたので、今回の練習は非常に有意義なものになった。ジェンマとSRXを使い分けるのは有効な手段と言える。
 友人はと言えばコースを覚えるのに苦労しているらしく途中で止めてしまった(コースを覚えるのはそんなに大変な事ではないのだが・・・)。
YAMAHA SRX250
この日の収穫
  • コース図は走りながら見ることができるようにする。
  • コースが熟知できたのでイメージトレーニングができるようになった。
  • メリハリのある加速を体で覚える。

2002.1.26 練習4回目 練習車SUZUKI ジェンマ50

 前回の練習で終わりにしようと思ったが、試験を3日後に控え復習の意味で予約を取った。SRXの友人はと言えば前回の練習ですっかり志気が下がったらしく、「大型二輪は必要ない」そうである。休日に朝から付き合わせるのも気が引けたのでジェンマで練習することにした。この日は私の他に八王子の非公認教習所の生徒が2名、それぞれに教官がマンツーマンで教えていた。少し教官と話す機会があったので細かなポイントを聞くことが出来た。
 その教官によると「試験はスタート地点から一本橋に行く間に殆ど決まる」、と言っていたが、スタート地点から一本橋と言えばわずか数十メートルである、つまりその間に積極性や運転のゆとりが見極められると言いたかったのだろう。
 私の見る限り教習所の生徒の走りは完璧に見えた、彼らは既に30時間練習しているそうだ、私の10倍である、しかも教官の話によると「あの走りでは合格は無理だ。」ときたもんだ。私には彼らの練習は曲芸の練習に見えた、S字の出口にパイロンを起きセンチ単位で走行ラインの練習をしているのだから・・・・。免許を取るだけなのに彼らはいったい幾ら払ってこの練習をしているのだろうか?
教官の言葉を鵜呑みにする訳ではないが、3日後の試験の自信がやや薄れてしまった。
SUZUKI ジェンマ50
この日の収穫
  • スタート地点から一本橋に行く間が勝負?