体験談
お名前
年齢 21歳
このページは役に立ちましたか? 少し参考になった
回数 3回
試験場 岡崎(和歌山)
取得前免許 普通二輪
挑戦した免許 大型二輪
試験車両 XJR1300
一発試験体験談 正直、1回目で受かったと思った。
しかし、左寄せが足りていない、その減点が4つもあると言われ敗退。
白線までキチキチに寄せろと言われたが「んなもん!大回りになってまうやんけ!」なのでどっちにしろ減点されちまうのである。
二回目はミスって一本橋が三秒も足りず敗退。
三回目は色んな事をメリハリで誤摩化そうとぶん回したら受かった、うん、1回目でも受かったと思う勝利。
アドバイス 教官によってかなり採点の基準に違いがあるので、そこを見極めないと中々難しいかもしれない。
教官は上から見ているので上から見た時に死角となる場所を把握しておこう、横断歩道に進入する際の左折など顕著な例だと思う。死角を知る事で試験でかなり楽できます、コース開放時に1度階段を上って上からコースを見て下さい。

正直、丁寧にコースを走るよりぶん回して走った方が受かるのが早いと思います、意外とゆっくり走った方がテクニックを要求される事が多いのです。
ぶん回すのはいいですが、ちゃんとメリハリもつけて下さいね。メリハリとは加速した後にしっかりブレーキングが出来るかです、右左折時にどれだけゆっくりと曲がれるかです、右左折ではしっかり半クラを使いましょう、結構見せ所です。

右折時の右寄せは30m前?かなにかです、思ったより早く寄せといた方がいいです、減点ポイントですから。
コース図に書かれた線通りでは減点になりかねないですよ

横断歩道進入の左折はきっちりひし形の内側を通りましょうね。

あ、あと 障害物は対向車線まで出ましょうね。もちろん右後方確認は二段階で行なってください。

右寄せ→対向車線の順で。 とりあえず、以上かなぁ。これだけ出来れば受かると思いますよ。

課題は全部練習すれば余裕ですので割愛 それでは、

諸君、また道路で会いましょう。

ふぁいてぃん!
2013/1/28
<< 直前のページに戻る