体験談
お名前 まーちゃん
年齢 31歳
このページは役に立ちましたか? とても参考になった
回数 10回
試験場
北九州運転免許試験場
取得前免許 普通二輪
挑戦した免許 大型二輪
試験車両 CB750
一発試験体験談 一発試験10回目でようやく合格することができました。

普通2輪を取得して1年が経過しバイクも所有てないところからスタートしました。

1回目 久しぶりに乗ったせいもあり、アクセルのふかし過ぎでスラロームでパイロンに接触転倒。

2回目 1回目にバイクを所有もせず練習もせずでは無理と悟り、400ccのバイクを格安で購入しいくらか乗って試験に臨んだ。
1回目よりコース途中まで行けたのだが、冬場の試験で手がかじかんでおり、前輪ブレーキよりも後輪ブレーキを主にかけて、急制動で転倒。幸いなことにあまり怪我もなかった。

3回目 コース途中で放送が鳴り、課題走行と安全確認などができていなかったのか途中で試験中止。

4回目 コース途中で放送が鳴り運転姿勢と波状路で5秒よりも早かったためか途中で試験中止。

5回目 途中で止めらるのに、他に原因があるのではとおもい、誰も書かなかった大型自動二輪免許一発試験必勝法のホームページを見て臨んだ。
すると、初めて完走ができたのだが、課題走行ができていなかったなどの理由で不合格。

6回目 またしても完走ができたのだが、課題走行が基準をオーバーしていたのとクランクの左折後に右足を着いたことで不合格。

7回目 またまた完走ができたのだが、信号の右折時に交差点の中央で右左の確認をしていない。右折時の右寄せができていないなど、点数が他にも減点されていたのか不合格。

8回目 急制動で放送がなり、もう一度行うようにとのこと。再度急制動を行ったら、ブレキがロックして、完走まで入ったのだが案の定不合格。
一回目急制動が早かったのと二回目ロックしたため不合格。
最後の駐車位置ももう少し左に寄せろとのこと。

9回目 旅行の朝帰りのせいもありコンデションが悪く、攻めすぎてスラロームでパイロンに接触試験中止。
7秒以内ではあったが悔やまれた。

10回目 コンデションを整えて、今回でだめならあきらめようと思っていました。
ダメもとで受けたところ、課題走行はすべてクリア、T字路で講習車両が向かって来ており随分距離はあったのだが45km区間であり、停止して待っていたところが評価され無事合格。
アドバイス 教官に教えていただける点は、次回必ずクリアできるようにすること。
課題走行も宮若市交通公園で一度練習してから臨んだほうがいいです。
波状路なんて慣れればなんてことないですが普通自動2輪ではない課題ですので、一度は練習しておいた方がよいです。
私は仕事の都合もありなかなかいけませんでしたので、10回受けるのに10カ月間要しました。
試験慣れと試験コースも忘れがちですから、連続していくことをお勧めします 。
最後の2カ月で連続して行くように仕事も調整し合格を勝ちえました。
半ば諦めモードでしたが、諦めない姿勢と教官に顔を覚えてもらうこと、挨拶などは重要です。
2013/5/1
<< 直前のページに戻る