体験談
お名前 デンドロカカリア
年齢 42歳
このページは役に立ちましたか? とても参考になった
回数 7回
試験場 府中
取得前免許 普通二輪
挑戦した免許 大型二輪
試験車両 CB750
一発試験体験談 転職で夜勤のある仕事になって平日に時間ができたので、挑戦する事にしました。
やはり一度はハハナンを乗りたいと思い、教習所で取ろうか迷いましたが、以前、自動車の大型を府中で取得した事と、ネット検索でこのサイトを知り、ものは試しと受ける事にしました。経過は以下の通りです。 1回目 一本橋で脱落。 検定中止。
この時は、750ccにさほど違和感を感じなかったので、気楽に考える。

2回目 またまた一本橋で脱落。検定中止。一本橋で落ちると、他の課題に取り組めないので、ちょっと焦り始める。
ここで週末のコース解放で練習。
あいにく雨天での練習となる。

3回目 一本橋はクリアーするものの、急制動で2回とも速度不足で検定中止。

4回目 急制動で前輪ロックとオーバランで検定中止。
苦手の一本橋はある程度、対応できるようになったが、今度は急制動が鬼門に。
週末のコース解放練習(2回目)実施。この日も雨天となり乾式路面で練習できず。

5回目 またまた急制動で前輪ロックしてしまい、しかも転倒までしてしまい検定中止。
総評でそれまでは「減点なし」と言われ恥ずかしさと共に悔しさ一杯。

6回目 前に受けている方が、観る限りに完璧に走行し完走したので合格と思いきや、さくっと落とされて完全に気おくれ。
「完璧にこなさねば」と緊張しまくって、一本橋であっさり脱輪し検定中止。
この時は、教習所への切り替えを本気で考え始める。

7回目 「こうなったら10回でも20回でも受けたるわ〜」と開きなおり、苦手な一本橋はとにかく落ちないように8秒台で通過。
そのまま各課題を無難こなし、鬼門の急制動も驚くほど綺麗に停止でき「出発点コール」がなかったので、あとは心臓バクバクで残りの外周を走行し、完走。恐る恐る総評に行くと、合格証の用紙を試験官が準備している所を目にして・・・ ようやっと合格できました。
合格直後は、嬉しさより何より「ようやっと終わった」という安堵感でした・・・
アドバイス とにかく教習所とは違い、いつ終わるか分からないので、あがり症でないとか本番に強いといった強心臓の方以外は、あまりお奨めできないかも。
(実際に、次回予約の窓口で試験継続を諦めた方も何人か見かけています)費用と時間的余裕がある方は、教習所が間違いないかと思います。
私も5〜6回目あたりは心が挫けそうになりました。
受かった時は、比較的寛容な試験官の方(6回目の方だった絶対に不合格だったと思います)であった事と、苦手の一本橋と急制動が両方とも無難にこなせて全てが上手くできたの為で、要素が一つでも欠けていたら、まだ、受け続けていたかもしれません。
ただ、本当にこのサイトの攻略ノウハウと体験談を励みにして頑張れました。
やっぱり試験場で取得できた事は、相応の充実感を得られています。 ポイントは「しつこいぐらいの左右と後方巻き込み確認」と(私にとっては)「低速時のバランス」でした。
ここらへんの技術が備わっている方は、合格が早いと思います
2013/6/15
<< 直前のページに戻る