体験談
お名前 ひおお
年齢 31歳
このページは役に立ちましたか? とても参考になった
回数 2回
試験場 幕張
取得前免許 小型二輪AT
挑戦した免許 普通二輪AT
試験車両 スカイウェイブ400
一発試験体験談 原二免許取得から4ヶ月、一発試験のスリルを再び味わいたく挑戦しました。
法規走行に関しましては前回の小型AT受験の際に叩き込みましたので心配していませんでした。

問題は生まれて初めて乗るビッグスクーターを上手く取り回せるかでした。
ディオ110より大きなバイクに乗ったことがなかったワタクシですが、試験車両のスカイウェイブ400は予想以上に低速が扱いにくかったです。
慣らし走行の際には右足を二度も付いてしまい、これはダメかもと思いました。
結果、一本橋は一秒不足、スラロームも一秒超過。 おまけに急制動でパイロン手前からブレーキを掛けるという失態を演じましたが、やり直しでなんとか合格できました。

ビグスクで初めて渡る一本橋は本当に難しく、ワタクシの技量で通過できたのが奇跡的だと思います。
アドバイス

上記の通り課題走行がダメダメでも合格できたのは法規走行を完璧にこなしたからだと思います。

原付でビグスクの感覚を養うのは困難だと思いますので、原付でも練習可能な法規走行でいかに減点されないかが合否の分かれ目となると思います。
また、慣らし走行は最大限有効に活用すべきだと思います。
左ブレーキ引きずりながらの極低速走行やウィンカー操作など、慣らし走行中に是非とも実施して感覚を把握すべきと思います。
原付と違いビグスクはウィンカー音がしませんので、インジケーターを見る余裕のないワタクシは用心のためウィンカースイッチは二度押しをしました(正しい操作かは不明です)。

2013/12/2
<< 直前のページに戻る