体験談
お名前 NKR
年齢 25歳
このページは役に立ちましたか? とても参考になった
回数 2回
試験場 水戸
取得前免許 原付
挑戦した免許 小型二輪AT
試験車両 アドレスV125
一発試験体験談 車両はアドレスV125で普段乗っている50ccのスクーターとほぼ変わりませんでした。

1回目 試験コースはA。 最後まで走ることができましたが、初挑戦のためか一本橋で焦ってしまい約4秒で通過、 また徐行区間や交差点で速すぎるなどの減点により不合格。 特に徐行区間のミスは-20点のため致命的でした。

2回目(1週間後) 運良く前回と同じAコース(曜日で決まっている?)。
前回の指摘を踏まえ全体的にゆっくり走ることに。 ここは40km/h出してと指示された直線区間と急制動の前以外はほぼ20km/h以下に、 徐行区間や交差点での右左折では10km/h以下に抑えて走りました。
また一本橋は確実に5秒を超えたのを確認してから渡るように。 この結果なんとか合格できました。

合格発表は掲示板ではなく、試験官からその場で伝えられました。
アドバイス

試験コースは平日の8:00〜9:50と12:00〜12:50の間、入って歩くことができます。
実際には9:40頃から[講習中]と書かれたコンフォートが走り始めるため早めに切り上げることになります。
小型の場合は1周歩くのに20〜25分程度かかるため、9時前には到着して2周ほど歩きながらどこで何をするかイメージすると良いでしょう。
コースはこのサイトのコース図のままでした。コース図からはわかりませんが、 待合室(スタート地点の脇にあります)から見て左奥と右手前のコーナーは外側を走るときに徐行が必要です。
小型の場合はAコースで1回、Bコースは2回徐行区間を通ります。 徐行区間では減速するのは当然ですが、試験官はブレーキランプを見て減速していることを確認しているため、 アクセルを弛めるだけでなく、しっかりとブレーキをかけ確実に10km/h以下にしてください。

坂道発進課題の坂の頂上には「警笛鳴らせ」の標識があるため、坂道発進の直後に鳴らさなければいけませんので要注意。
一発試験攻略サイトや他の試験場で受けた方が書かれている体験談などでは色々と細かいことが言われていますが、 水戸では安全確認をしすぎなくらいでも減点されませんし、加速指示のあった場所以外ではかなりゆっくり走っても減点されないようです。

乗降、発進、停止、車線変更、右(左)寄せ、減速、交差点、横断歩道・・・とにかく首を振りまくってください。 ゆっくり走って落ち着いて確実に安全確認や方向指示などをこなすようにすれば合格できると思います。

2013/12/18
<< 直前のページに戻る